[e@sy-buy] Copyright © Electric Mail-order Direct Corp All Rights Reserved. [http://www.ctsj.co.jp] Server powered by (株)シーティーエス

■増幅だけで、言葉はハッキリ聴き易くなりません

このページを見終わったら、【もう一度予備知識】タグをクリックしてみましょう。

その理由: 補聴器店の補聴器と通販の補聴器の違いの説明

補聴器店以外の補聴器は、「最近少し耳が遠くなった・・」程度の軽度の聴力低下には効果が期待できますが、それ以上の聴力低下に効果を期待することは困難です。補聴器のご購入に際しては、先ず補聴器店の補聴器の特徴をご理解ください。

補聴器専門店の補聴器には次のような特徴があります。
  1. 音量補正よりも、言葉の明確さに重点をおきます
  2. 使用環境毎の補聴器データ切り替えが可能です
  3. 再調整、再々調整、再々々・・・が可能です
  4. 軽度から高度や重度まで、広範囲に対応します
  5. より快適な聴こえのために様々な不可設定が可能です
  6. ・・・その他にも、沢山の特徴があります

音量だけでなく、言葉の明確さを取り戻します


 各色はお一人(片耳)毎の低下した聴力の特製例、こんなに様々に違います
  • 補聴器店の調整は、聴力低下による周波数毎の聴こえ方を聴力測定で把握し、この差を管理(補正)して、聴こえの不自然さを除き、言葉をハッキリさせ聴き取り易くします。音量調整はこの補正過程で、その一部として行われます。
    周波数毎の感度の差は、「最近少し耳が遠くなった・・」程度の、“軽度の聴力低下”ではある程度無視することもできますが、少し進むと、言葉が聞き取れない主な原因になってきます。つまり、音量の低下以上に、この感度の差は、言葉の聴こえをボカします。
    補聴器使用の本質的目的は音量改善ではなく、言葉の明確さの回復です。

    残念なことですが、補聴器年代の人口増加が謳われる様になった今、言葉の聴こえを改善するためでなく、単なる「売れればいい」的な販売や紹介、新聞広告が極端に増えています。どのように購入するかはご購入者の判断、自己責任ですが、音域管理・調整能力が無いもの、有っても調整できない販売方式のご購入は、宣伝文句が言う夢のような効果はあるはずがありませんし、後悔する方が後を絶ちません。結局、最後は買いなおしに頭と懐を痛めることになっています。是非、ご注意下さい。

再調整、再々調整、再々々・・・が可能です

  • 補聴器店の補聴器は、聴力測定を通してお一人毎に調整したデータを内部のメモリーに書き込み記憶させますが、中には調整結果を補正する必要がある肩も出てきます。補聴器専門店の補聴器は何回ものデータ再書き込みが可能で、将来、聴力低下が進んだ場合でも、再度聴力測定をして新しいデータに書き直すこともできます。
    聴力低下が進むと、感度より、むしろ各周波数間の感度差が大きくなって、単に音量を上げるだけでは言葉の聞き取りを改善できなくなります。
    調整・再調整できない補聴器では、感度差が大きくても音域管理なしに増幅量を増やすため、低下が少ない音域の音が過大になり他の音域をブロックし、却って聴き取り難くなることもあります。更に耳を傷めることにもなりかねません。

使用環境毎の補聴器データ切り替えが可能です

  • 補聴器店の補聴器は、調整データを複数用意して雑音環境などに合わせてご使用者自身が切替え可能です。幾つの切り替えが可能かは機種によって異なり、どのようなデータを準備するかはご使用者と補聴器店で話し合って決めることができます。例えば、非常に雑音レベルが高い飛行機内のデータは通常のデータとは大きく異なります。また、ザワザワとやはり雑音レベルが高い居酒屋での会話時には、データを居酒屋での会話モードに切替えることで聴き取り難さの改善が可能です。職場の会議室での聴こえ難さについても同様です。

軽度から高度や重度まで、広範囲に対応します

  • 聴力の低下具合は、軽度、中度、高度、重度の目安があります。通販補聴器のような聴力測定を通した調整ができない補聴器は初期の軽度の聴力低下に対して効果を期待するものです。補聴器店の補聴器には、いろいろな機種があります。その中からどの補聴器がご使用になる方に適しているか選定してお奨めします。適切な補聴器を選定することが補聴器店の重要な責任です。
    (この選定は耳鼻科医院でなく、機種固有の性能に精通した補聴器店の領域です。)

より快適な聴こえ方のための様々な設定が可能です

  • 補聴器の補助機能は、機種によって有無、優劣がありますが、補聴器をより便利で快適にご使用になるための様々な補助機能が補聴器店の補聴器には用意されています。例えば、両耳に装用する場合、一方のプログラムを切替えると、他方も自動的に追従する“両耳同期”や、聴こえ無くなってしまった高周波域の音を聞こえる音域に転写して、その音の特徴を聴こえに反映する“高周波サポータ”など。これらも効果とご希望を合わせて補聴器店が機種選定しお奨めしますが、高度な機種になれば、その種類も豊富で、選定や設定には充分なメーカや機種固有の専門知識が必要です。

・・・その他にも、沢山の特徴があります

  • おみみショップの補聴器は補聴器店の補聴器の中でも進んだ沢山の機能を持つものが豊富です。
    例えば、ご使用者が、どの動作データでご使用になったのか、データ毎の累積使用時間ログ(記録)が補聴器内に記録され、アフタケアのご来店時に専用の設備でこれを読み出し、お客様に最適なご使用パターンに追い込み、以後の調整に利用することなどが可能です。補聴器自体もそのログを利用し、音量設定幅の自動調整を行うなど、ご購入時点のまま使い続けるだけの通販の補聴器とは様々に異なります。これらは、限られたページスペースには書ききれないほどです。
    詳しくは、ご来店時にお訊ねください。おみみショップではより分り易いご説明を心がけています。

結果

  • 結果的に、このページの説明をご覧いにただいて、音域管理能力を利用できない、例えば、通販の補聴器では、かなり初期の聴力低下、軽度の聴力低下以外では、充分な補聴器の効果が得られないことがご理解いただけたと思いますが、新聞広告では全ての方が夢のような快適な聞こえになるように謳っています。充分にご注意下さい。

    音域管理能力がない補聴器でも、最近聞こえ難くなった・・程度なら、効果が期待できる理由・・・ それは、周波数毎の感度差による言葉の不自然さが音量の低下による不便さに対し小さいためです。ボリウムを上げ下げして、聞こえ易いところを探せば済むからですが、次第に、聴力低下が進むと、どの様にボリウムを合わせても、感度差による不自然さを吸収できなくなります。過大な音域の音で却って言葉が聴き取り難くなることもあります。
    また、この種の補聴器では、ハウリング(ピーピー雑音)が生じない範囲では増幅能力が不足し、音量を上げればハウリングし易い欠点もあります。

    買い直しは補聴器選びで最大の無駄です。「安いからいいんだ・・」負け惜しみではなく、本心ですか?
    失敗が無い安心な補聴器選びは補聴器店の補聴器をお選びになること・・ と、ご理解いただけたことと思います。

    補聴器店には低価格な補聴器も有ります。勿論、最高級モデルと同じでは有りませんが・・・
    オリジナルモデルは、音域管理能力を備え、指先が不自由でも着脱が容易なご自身の耳に合わせた特注イヤモールドがセット、ご愛用者も少なくありません・・
    先ずはおみみショップへご来店ください。

[BERNA YOKOHAMA] 補聴器を着けないときの聴こえの状態を外音を遮断したフィッティングルームで正確に測ります。このデータを元に補聴器選びや調整が始まります。


アクセス: [詳しい地図でみる]


  • 横浜市戸塚区下倉田町 244-1
      第八山仁ビル 1階(西側)
  • お車で
      203号線 豊田立体入り口
      布川動物病院ならびすぐ前
      専用駐車場 3台
  • 江ノ電バス(戸塚駅東口発)で
      大船行・飯島団地循環
      下倉田(停)下車すぐ前
  • 時間 :
    • 平日 :10時~18時
    • 土/日/祝祭日:事前予約の方のみ
  • ご予約: 045-861-8984