[e@sy-buy] Copyright © Electric Mail-order Direct Corp All Rights Reserved. [http://www.ctsj.co.jp] Server powered by (株)シーティーエス

耳の構造をご存知ですか

神様が設計したすばらしい耳、大切にしましょう

  • 耳介は私たちにとって理想的な集音器で、いろいろな方向から来る音をじょうずに外耳道に誘導し鼓膜を振動させます。鼓膜の振動は小さな関節で繋がった3つの骨から成る耳小骨が適切に効率よく蝸牛に伝えます。蝸牛はリンパ液で満たされていますが内部には根元が聴神経に繫がった沢山の有毛細胞が並んでいて、耳小骨から伝えられた振動が有毛細胞を震わせることで、聴神経は音を電気信号に変換して脳の聴覚中枢に伝え、脳がこの信号を理解することで、私たちは音を聞き、言葉を聴き、理解することができます。この他に頭骨を経由した音も感音系まで伝われば、音として聴こえます。
    これらの構造は上の図のように、外耳、中耳、内耳、脳神経に分類されます。外耳と中耳は音を耳の内部に伝える機能を掌る伝音系、内耳と聴神経は伝わった音を脳が感じられるよう機能する感音系と分類されます。

正常な聴こえは

  • 正常な耳では1秒間に20回の振動の音(20ヘルツの音と言います)から、1秒間に20000回(20000ヘルツ、または20キロヘルツの音と言います)までが伝音系を伝わり感音系で電気信号に変えられて聴こえます。その聴こえ方は極く小声で囁く様に小さな大きさの音が聴こえます。この20ヘルツから20000ヘルツの音が耳介から脳まで障害なく伝わると、囁く様な小さな音から大声の話し声のような大きな音までを聞くことができます。

なぜ聴こえなくなるのでしょうか

  • 聴こえが悪くなるのは音の伝わり、電気信号への変換、電気信号の伝わりや脳での理解のどこかがうまく行かなくなるために起きます。例えば、鼓膜が破れて音の振動が耳小骨に伝わらなくなるとか、何かの原因で耳小骨が損傷したり、正常にテコとして働かなくなるとかいろいろですが、極めて大きな音を聴いたり、大きな音を長時間聴き続けたり加齢によって蝸牛内の有毛体が損傷するとか抜け落ちることも聴こえなくなる原因になります。蝸牛内に伝えられた振動は中のリンパ液で奥の方まで伝わりますが、耳小骨に近い所の有毛体が高い周波数を感知し、蝸牛の奥に行くに従って低い音を感知するそうですが、部分的に有毛体が損傷したり抜け落ちればその部分が感知するはずの周波数の音は電気信号に変換されなくなって聴こえ難くなります。また、その部分の神経が損傷しても同様です。その他にも原因はいろいろあるそうで、原因や症状についての診断や治療は耳鼻科の先生に診断していただく必要があります。
    補聴器の装用を勧められたら、補聴器は専門店のおみみショップにお任せ下さい。

[BERNA YOKOHAMA] 補聴器を着けないときの聴こえの状態を外音を遮断したフィッティングルームで正確に測ります。このデータを元に補聴器選びやフィッティングが始まります。


アクセス: [詳しい地図でみる]


  • 横浜市戸塚区下倉田町 244-1
      第八山仁ビル 1階(東側)
  • お車で
      203号線 豊田立体入り口
      布川動物病院ならびすぐ前
      専用駐車場 3台
  • 江ノ電バス(戸塚駅東口発)で
      大船行・飯島団地循環
      下倉田(停)下車すぐ前
  • 時間 :
    • 平日:10時~18時
    • 土 :事前予約の方のみ
    • 日/祝祭日:原則休業
  • ご予約: 045-861-8984