[e@sy-buy] Copyright © Electric Mail-order Direct Corp All Rights Reserved. [http://www.ctsj.co.jp] Server powered by (株)シーティーエス

■補聴の購入を失敗しないための予備知識

(元の《予備知識》のページに戻るには、もう一度上の{予備知識}のタグをクリックしてください)

以前の私は、長く顧客として様々な購入体験をしたものでもあり、聴こえを取り戻そうとする方々の必死さが人事でなく理解できているつもりです。私も長い間、聴こえる補聴器に出会えず、何度も失敗を重ねた経験があります。

当時の私は、聴こえるようになるなら自分ができることは何でもしたいと必死でしたが、どうしたら良いか分かりませんでした。おそらく、多くの難聴の皆さんも同じことを感じておられると思います。現在の補聴器専門店としての経験を加えると、多少見える世界が変わり、広がります。そこで、補聴器購入に失敗しないために、知っておいて頂きたいことを幾つか紹介します。

このページが、少しでも役に立つことを心から願います。

どの様な世界も、思い通りにならない部分は有るでしょう。補聴器販売の世界も、決して理想の世界ではありません。様々に疑問を感じる販売店が多いことも事実であって、それらを明らかにすればもっと分かり易い説明ができるでしょうが、本ページの主旨はそのような者の批判ではありません。そのような話題は別の機会に譲ることとし、ここでは極力、その種の説明は省かせていただきます。どうぞ、ご理解ください。

■【聴こえ】は“本人だけのもの”です

先ず始めに、何故いろいろな問題が補聴器購入で起きるのか、補聴器購入がどうして難しいのか、根本的なことを理解してください。

それは、個々人の聴こえは本人以外には体感できないことから来ていると気付くことから始まります。難聴の度合いが中等度くらいになると、単純に耳の感度が低下するだけでなく、聴こえる周波数によって感度も、感度の直線性も不揃いになり、ギクシャクしています。聴こえる周波数の幅も狭くなってきます。

このような障害で、コトバは壊れて聴こえ、その聴こえ方は一人一人異なってきます。その聴こえ方を他の方に表現することは、とても難しいのです。

まず、よく、“聴こえ”を“見え”になぞらえて、聴こえ方と見え方とを同レベルの認識で説明しようとする場面に出会うことがあります。しかし、“聴こえ”と“見え”にはかなり異なる側面があります。様々な問題は、この違い、つまり、聴こえの把握の難しさが原因になっています。以下に、もう少し詳しく説明します、どうぞご理解ください。


  • 瞬時の一過性
    耳も目も、共に、機能が低下すれば対象を把握し難くなります。対象とは“聴こえ”では音や音声で、“見え”では形や色などです。あるいは、もっと絞った表現をすれば、言葉であり、文字やイメージであると言えるかもしれません。これらの対象を把握するうえで、両者間に決定的な違いがあることにお気づきでしょうか。それは、対象の把握に関われる時間の違いです。“聴こえ”の対象は空気が振動する現象で拡散します(言い換えれば、位置的に留まることなく、球状に1秒間に340mのスピードで広がって行きます)から、音は≪瞬時に≫捉えて理解把握しなければなりません。その瞬間を逃せば対象は無くなります。更に、その対象は、時系列に待ったなしに、次々に耳に入力してきます。
    一方、“見え”での対象はですから、対象を継続的に捉えることが可能で、時間をかけて、目を凝らしたり近づいて見たり可能です。対象が変化する場合は変化全体を把握対象と捉えることもできるでしょう。言い換えれば“聴こえ”で把握しようとする対象は瞬時の一過性の現象で、“見え”で把握する対象の物のような継続性はないのです。

    共有性
    更にもう一つ、大きな違いがあります。“見え”は、見え具合を絵に描いたり、写真を用いたりして自分以外の者に理解させ、ある程度正確に、具体的に共有することが可能です。
    しかし、“聴こえ”は「言葉がはっきりしない」とか「音としては聴こえるけど何を言われたかは分からない」の様に漠然として、抽象的にしか状態を表現できす、他の方と共有が困難です。このことは、補聴器調整者とて例外でなく顧客の聴こえ方の理解をむずかしくしています。

    “聴こえ”と、“見え”は、耳と目という違いだけでなく、
    両者間には、

    1. 耳が把握する対象は瞬時の一過性
    2. 共有性・・他人が共有困難

    このような決定的な違いがあることを知ってください。その結果、
    • 【聴こえ】は“本人だけのもの
    になるのでしょう。
    このため、補聴器調整者といえども、補聴器を必要とする方の聴こえの明確な理解は易しくありません。更に、健常な聴こえを持つ者は難聴の聴こえ自体を体感することはできませんし、難聴者が用いる補聴器を通しての聴こえを経験することも困難です。

    如何にして克服するかは容易ではないと思います。この克服には経験が必要で時間もかかるでしょう。補聴器の調整が難しい理由になっていると思います。

■補聴器購入の成功・失敗を分ける補聴器店選びと自己責任

  • 聴こえに不安を感じ、補聴器が欲しくなった皆さんは補聴器の購入を考えることでしょう。ところで、普通、皆さんは、補聴器がかなり高価な買い物であるに関わらず、意外に、実は補聴器についての知識を持っていません。補聴器店についても同じでしょう。それは皆さんが補聴器店を信用してくださっているからなら、大変ありがたいことですが、果して同でしょうか。
    一方では、ご購入後に、不満を訴える方が少なくないのも、事実です。
    補聴器ご購入についての相談で多いのが、「補聴器店選び」についてです。ご自分の体の一部になってもらう補聴器です。ご購入前に、少し詳しくなる努力をしてくださることを心から期待します。そうずれば、多くの皆さんは補聴器購入の失敗を防げます。
    私がお勧めする、失敗を避けるための重要なポイントは次の二つです。

    1. 補聴器に詳しい補聴器店を選びましょう
    2. 結果は皆さんの自己責任と理解しましょう

・補聴器に詳しい補聴器店を選びましょう

  • 補聴器店が、己の取り扱っている補聴器に詳しいか否か、つまり扱っている補聴器の個々のモデルの特徴を把握しているか否かで、わかりやすく説明ができるか否かです。失敗した方々は、そう言われれて思い起こせば、おそらく思い当たることでしょう。私自身も一度ならず、経験があります。
    補聴器の調整は職人的な仕事です。何故なら、前述のように、他人の聴こえは容易に理解できないためで、聴こえたい方の状況を把握することは容易ではありません。その伝授も簡単ではありません。調整者の姿勢、心構え、そして日々研鑽、そして経験・・ はそんな気がします。

    大変に残念なことですが、現在の日本には補聴器調整技術についての国家試験、国家資格はありません。他の認定証を持つ者を頼るように勧める例を、その認定証を持つ店自身、中には医院などでもかなり頻繁に見受けますが、そこに一応の知識は備わっていても、各メーカ毎・各シリーズ毎に極めて専門性が高い技術が組込まれ、大変早いスピードで進化して市場に投入される補聴器に対しては、理解・調整技能・技術が備わっていることを保証する証と等価ではないと考えます。また、公正性も異なるでしょうし、その資格者の法的義務も無く、この資格の取得が義務でもありません。したがって、これを必要以上に印象付けようとする例の蔓延には疑問も感じますし、補聴器購入希望者に誤解を与えている可能性さえ感じます。調整の良否には、専門的な知識が拘り、その補聴器を操るためには己が扱う補聴器について精通しなければならないはずです。
    補聴器に精通しているか否かを見抜く良い方法があります。薦める補聴器について十分な分かり易い説明ができるか否かが頼りになる尺度と言えるはずです。

    現在、皆さんが購入されようとする補聴器店の補聴器は、ほぼ皆、デジタル式のノンリニアタイプ補聴器と考えてよいでしょう。デジタル式ノンリニア補聴器は主に、音量不足を補う増幅が目的ではなく、コトバの明瞭度の確保を目的に、扱う周波数帯域内の対周波数増幅処理を専用のプロセッサ、つまり補聴器内に組み込んだコンピュータで行います。周波数毎の増幅率だけでなく、各々の周波数における音圧も一様でなく大・中・小を個々に調節します。その処理と同時に結果を補い改善するための付加的な処理も様々に行っています。このような動作は、簡易型の補聴器や多くの助聴器(通販の集音器と呼ばれている器具)には備わっていません。補聴器は、扱う周波数幅や、付加的処理の有る無し、種類、数によって価格が異なると言っても良いと思いますので、分かりやすく説明してもらう必要があります。
    (価格で言えば、多くのメーカのマルチチャンネル式では先ず、チャンネル数でも価格が変わりますが、私どものチャネルフリー式はチャネル数の概念が無い先進の補聴器のため、チャネル数で価格が変わる考え方はありません)様々な付加機能による聴こえ方の良否によって価格が変わります。

    付加機能まで理解しないと補聴器の性能は十分に発揮されません。
    補聴器店が、己の取り扱っている補聴器に詳しいか否か、つまり、扱っている補聴器の個々のモデルの特徴を把握しているか、それに精通しているか否かは当然ですが大変重要なポイントです。このために、様々な知識が<補聴器調整者は電子技術についても大凡の理解が>必要だと思います。それらは電子技術は元より、音響、通信・・等々。失敗した方々は、そう言われれて思い起こせば、おそらく思い当たることでしょう。

    補聴器店の補聴器は主に劣化したコトバの明瞭度の改善を目的に、音域処理をデジタル技術で行います。その処理を、補い改善するための付加的処理も同時に行っています。すべてのデジタル処理は再現性高く、経年変化がなく、温度変化などにも強く非常に高精度に行うことができ、極めて多機能、高機能になっています。調整者がそれらを理解できているか否かは調整の可否そのものです。ご購入者はお求めになろうとする補聴器の特徴について分かりやすい説明がされているか否かで、その調整者の良否を知ることができるでしょう。分かり易い説明をしてもらうよう努力してください。分かり易く、良い説明は、あなたの理解度に応じた大変有効な知識が得られますので、進んで説明をしてもらうよう心がけましょう。

    説明の分かり易さは、説明者の理解度そのもの、分かり易い説明ができない調整者は、その補聴器の機能を理解できていないため、その調整を省くかもしれませんね。補聴器は聴こえてナンボの買い物です、何よりも、聴こえが大事です。この点、十分ご理解を。

・結果は皆さんの自己責任と理解しましょう

  • 自己責任と、心して補聴器店選びに掛かりましょう。
    補聴器の購入に失敗されると、その店を嫌います。しかし、その店以外に購入された補聴器の面倒を見てくれるところは容易には見つからないでしょう。何故なら、補聴器の購入代金には物品意外にいろいろな費用が潜在的に含まれています。既に補聴器は引き渡され、支払い終わって、ご購入者と販売店間の支払いは、一件落着しています。他の店にその潜在的な費用は持ち廻されません。

    潜在費用の割合は決して低くはありません。したがって、あなたが補聴器を購入された店にしか頼れないと理解すべきです。くどいようですが、上述のように、店選びを誤れば、既に結果の失敗は決定していると理解すべきです。
    きつい言い方と感じられるかもしれませんが事実です。補聴器店を選んだのはあなたです、あなたは全く自由に、その選択ができたのです。

    調整者はご購入者に合った補聴器をご購入者に決めていただくようお奨めすることも責任と考えています。但し、これは価格グレイドを指定することとは異なります。中には首をひねる補聴器を手に何とかして欲しいと足を運ばれる方もいます。そのような補聴器には心から拘りたいとは思いませんし、更に、他の方が行った調整を弄るのは調整者として気が進まないこともあります。

    補聴器メーカにクレームを持ち込む方がいますが、メーカとあなたの間に売買関係はなく、あなたの売買関係は販売店とあなたの間のことです。メーカはその販売店を通してあなたの補聴器の保証を行い、必要に応じて修理を行いますが、あなたに対して販売店を通さずに、直接アフターフォローすることはないでしょう。問題があれば購入したルートを遡ることが基本です。
    自己責任と心することが、補聴器購入を成功に導くと理解しましょう。


    昨今、多様な販売者が補聴器を扱い始めています。ご高齢者が増えている現在、補聴器は商売になる・・と考えるのは容易でしょう。しかし、補聴器を正しく希望される方にお渡しするのはそれほど易しい仕事ではありません。 選択肢が増えることは購入者にとって大変結構なことのように思いますが、反面、調整者と呼べるレベルのものがいないにもか拘らず販売に乗り出す販売者も少なからず見えます。また、購入後に、問題を解決できず、なきついてこられる方も決して少なくありません。このような時、購入者は同じブランドの補聴器ならメーカにより連携が有ると考えられるかもしれませんが、それは間違いです。まして、調整が難しい補聴器で、調整にプライドを持つ店は、そのような安易な参入者を決して歓迎していません。

    自己責任の気持ちを、くれぐれも忘れずに、良い聴こえを手に入れられるよう心から希望します。

[BERNA YOKOHAMA] 補聴器を着けないときの聴こえの状態を外音を遮断したフィッティングルームで正確に測ります。このデータを元に補聴器選びや調整が始まります。


アクセス: [詳しい地図でみる]
  • 横浜市戸塚区下倉田町 244-1
      第八山仁ビル 1階(東側)
  • お車で
      203号線 豊田立体入り口
      布川動物病院ならびすぐ前
      専用駐車場 3台
  • 電車で
    東海道線戸塚駅下車東口より
    バスまたはタクシー(1.7Km)
  • 江ノ電バス(戸塚駅東口発)で
      大船行・飯島団地循環
      下倉田(停)下車すぐ前
営業時間 :